朝食抜きダイエットの効果とやり方、金スマで紹介された方法とは?

ダイエットをしようと思った時に、1度は聞いたことがあるであろう「朝食抜きダイエット」。

朝抜くだけで良いのは簡単だし直ぐ出来るので試してみようと思った人も多いのではないでしょうか?

ですが、

・朝食を抜くと痩せる
・朝食は抜かないほうが良い

と2つの正反対の意見があるのはご存知でしょうか?

また、やり方を間違えてしまうとリバンドをしてしまう結果になることも。

こちら双方の言い分も合わせて、朝食抜きダイエットのメリット・デメリット、金スマで紹介された朝食抜きダイエットのやり方などを紹介します。

朝食を抜くと痩せる!という理由とは?

朝食抜き

まずは朝食抜きダイエットがオススメされる理由から見てみましょう。

1)摂取カロリーが減るから痩せる

こちらは1日3食から1日2食にすることで、食べる量が減る=摂取カロリーが減ることでダイエットできるというものです。

ダイエットの大原則として「摂取カロリー<消費カロリー」なので1食分を減らし、消費カロリー以内に納めればおのずと体重は減っていきます。

「1食減らせばいいなら、別に抜くのは朝じゃなくてもいいのでは?」

と思った人もいるかもしれません。

朝抜いたほうが良い理由は次で解説します。

2)カラダが排泄に集中できる

人の体は、

・朝:午前4時から正午まで「排泄」の時間
・昼:正午から午後8時まで「消化・栄養補給」の時間
・夜:午後8時から午前4時まで「吸収・代謝」の時間

と24時間の中で生理リズムが決まっています。

朝食はこの「排泄」の時間帯に摂ることになり、この時間帯の腸や胃などの消化器官は休んでいるいわば「寝ている状態」となります。

そのため朝食をしっかり摂ってしまうと消化不良を起こしたり、排泄(吸収できずに残ったゴミの排泄)に集中出来なくなってしまうのです。

また、夜の20時以降は「栄養を吸収する」時間帯になります。

吸収率は午前2時をピークに20時以降から上がりますが、この時間帯にご飯を食べると太りやすくなるのは吸収率が上がりカラダに取り込みやすくなっているためです。

そのため「夜は20時までに食べて、朝を抜く」というのがカラダのリズムには最適となります。

朝食は抜かないほうが良い!という理由は?

朝食は抜かない

続いて、朝食は食べたほうが良いという理由を見てみましょう。

1)カラダが温まり基礎代謝が上がる

睡眠中に体温は低下し、朝起きた時が一番カラダが低体温となっている状態です。

そこで、朝ご飯を食べずに体温が低いままで過ごすとその分基礎代謝も下がってしまい免疫力も落ち燃えにくいカラダになってしまいます。

朝ご飯を食べることで内蔵を動かしエネルギーを消費することで熱が作られるので体温を上げることができます。

体温が1度上がると、基礎代謝が13%UP!理想的な平熱は36.5℃以上なので、燃えやすいカラダを作るには体温を上げることが重要です。

ちなみに、体温が1度上がると免疫力は30%UPするので体温を意識した生活をすると燃えやすい&風邪を引きにくいカラダを手に入れることができます。

冷えはダイエットの天敵!「温かい具沢山の野菜スープを飲む」「水ではなくお白湯を飲む」など朝はカラダを温める「温活」がおすすめです。

2)お昼ご飯や夜ご飯、間食などのドカ食いを防ぐ

今まで食べていた朝ご飯を抜き空腹状態が続くと、「食べたい!」という気持ちが暴走しやすくなってしまいます。

また「朝抜いたから食べちゃおう♪」と、自分に甘くなってしまうことも。

朝を抜いて、昼や夜、間食などを増やしてしまってはダイエットの意味がありません。

むしろ食べ過ぎてカロリーオーバーとなり逆に太ってしまうことも。

朝ご飯を食べていれば空腹状態を減らすことができるので、食べ過ぎをコントロールしやすくなり食のストレスを減らすことが出来ます。

なお、ストレスもダイエットの敵でストレスを感じながらダイエットをするとかえって太りやすくなってしまうので食事制限をする際は無理なく行うことが大切です。

3)エネルギーを補給して脳を活性化させる

朝食を食べないと頭がぼーっとしたりイライラしやすくなってしまう人もいるのではないでしょうか?

これは脳の唯一のエネルギー源となる「ブドウ糖」が不足しているから。

睡眠中にも脳は休まず活動しているため朝起きた時にはガス欠状態となってしまっています。

そこで、朝ご飯を食べエネルギーとなるブドウ糖を補給してあげることで脳が動き出し集中力UPやカラダも活発に動きやすくなります。

以上が、朝ご飯を食べたほうが良い主な理由となります。

結局、朝食は抜いたほうがいいのか?食べたほうがいいのか?

朝食は食べたほうがいいの?

朝食を抜いて得られる効果も、朝食を食べて得られる効果もそれぞれ紹介しました。

結論は「その人の生活スタイルによる」というのが大きいのではないでしょうか?

「抜いたことによって朝スッキリする!」
「仕事の効率が上がった!」
「体調が良くなった!」

という声が挙がっているのも本当です。

ですが、今まで朝ご飯をがっつり食べていた人が急に朝食抜きダイエットをはじめると、最初の2~3日がとてもしんどくなります。

食べてた分を丸々カットしてしまうため、

・空腹に耐えられるのか?
・その後にドカ食いしないか?

などなど、食の誘惑に勝てるか勝てないかによって失敗か成功かが分かれます。

その後しんどい状態を乗り越え、1日2食の生活に慣れてしまうとお腹減った!と感じることが減ります。

むしろ、お腹が「ぐぅ」と鳴っている時は胃が収縮しお腹の中をきれいに掃除している合図になります。

また空腹時は蓄えている脂肪を燃焼をする合図にもなるため「お腹が鳴った!お腹すいた!」ではなく「お腹が鳴った!燃えてる♪」と思うと食べずに済みます。

ちなみにお腹が鳴った後は、直ぐに食べると掃除の中断や脂肪燃焼もストップされてしまうため90分ほど開けてから食べるようにするとより効果を期待できます。

朝食抜きダイエットは無理してするものではないので、「やってみて無理!」という人は「朝は野菜スープだけにする」など様子をみて始めるのも良い方法です。

朝食を抜かないほうが良い人は?

朝食を抜かないほうが良い人

・便秘がちな人
・元々少食気味の人
・体力仕事をしている人
・朝食を食べることで幸福を感じる人

それぞれ紹介します。

便秘がちな人

便秘がちな人が朝食抜きダイエットを行うと、更に便秘が悪化してしまう可能性があります。

そもそも現状で「朝の排泄」が出来ていないため、お腹には排泄物が溜め込まれて硬くなってしまっています。

この状態で朝ご飯を食べないと、腸への刺激が無くなり動かすことができず更に溜め込んでしまう結果になってしまいます。

便秘がちな人がまずすることは朝を抜くことではなく、

・食物繊維をしっかり摂る(食事を見直す)
・水分をしっかり摂る

ということが大切になります。

食事の栄養バランスが良く、カラダの状態が良い人は、食べなくても朝起きて水分を摂っただけで便意が起こりトイレに行きたくなります。

朝に「食べても出ない」が一番良くない状態ですが、「食べたから出た」よりも「食べてないけど出る」状態が一番良い状態になります。

また、朝起きてから飲む水分は「お白湯」がおすすめです。

腸を温めて刺激すると共に血液の循環が促進されるので老廃物の排出が高まります。

内蔵機能を温めることができるので睡眠で下がった体温もぽかぽかと上昇して、基礎代謝も上がりダイエット効果や冷え性の改善にもつながります。

元々少食気味の人

元々食べる量が少ない人が朝食を抜くと、栄養バランスが崩れやすくなります。

また、摂れていないカロリーがさらに摂れなくなってしまう為、エネルギー不足で体調不良になってしまうことも。

そして、食べる量が少ないため便を作る材料不足で便秘になってしまうこともあります。

朝食を抜くのではなく、3食の内でバランスよく食べることを心がけるのが健康的に痩せる秘訣になります。

体力仕事をしている人

1日の内に体力仕事でカラダを動かす機会が多い人が朝を抜くとエネルギー不足で倒れてしまう原因となります。

また、朝を抜くことによって他の時間でエネルギーを補給しようとするため「食べ過ぎ」となってしまうことが多くなります。

それでは意味が無いため、「朝はしっかり食べて夜ご飯の暴飲暴食に気をつけてを20時までに食べ終わる」を意識すると動いている分効率よく脂肪燃焼が期待できます。

いくら動いているかといって、夜ご飯を遅めに&沢山食べていては体に蓄えてしまうため食べる時間帯の注意が必要です。

朝食を食べることで幸福を感じる人

朝食を食べて幸せに感じる

「朝ご飯を食べるのが好き」
「朝ご飯を食べないと無理」

と言う人は、やらないほうがいいです。

なぜなら、基本的に朝食抜きダイエットは継続することが必要になるためです。

朝食抜きダイエットで痩せて、いままで通りの朝食を食べるように戻ってしまってはリバウンドをする原因となります。

また、食べないことがストレスになってしまいストレス=脂肪を溜め込む原因となるので意味がありません。

朝ご飯を食べるのが好きな人は、

・食べる内容を考える(バランスよく食べる)
・野菜(食物繊維)⇒魚・肉(たんぱく質)⇒お米・パン(炭水化物)の順に食べる
・他の2食のことも考えて食べる(食べる量やバランス)

といった意識をして美味しく食べることが大切です。

金スマで紹介された「朝食抜きダイエット」の方法は?

内臓脂肪がストンと落ちる食事術

朝食抜きダイエットとして紹介されている方法はいくつかあり「ただ朝を抜けばいい」と言うものではありません。

その中でも、テレビ番組で紹介された朝食抜きダイエットが話題となったためこちらの方法を紹介したいと思います。

内臓脂肪がストン!と落ちる食事術

こちらの方法は医師の江部康二先生のダイエット法です。

・朝食を抜いて1日2食にする(半日断食)
・糖質制限を組み合わせる

この2つの方法で痩せるため、

・カロリー制限は不要!お腹いっぱい食べてもOK
・肉、お酒、マヨネーズOK
・筋トレやジョギング、ハードな運動は必要なし

といった内容となっています。

朝食を抜いて1日2食にする(半日断食)

朝は食べずに昼と夜の2食にしますが、「夕食は19時まで」済ませます。

このことにより、例えば正午(12時に)昼食を摂った場合「17時間の空腹状態」となります。

このお腹に何も入っていない時間に、内臓脂肪をはじめとする体脂肪がメラメラと燃焼し続けるので内臓脂肪がストン!と落ちます。

ちなみに、飲み物や水などの水分は普通に摂ってOK!

朝もコーヒーやお白湯など好きなものを飲んで大丈夫です。

糖質制限を組み合わせる

1日1回の食事の糖質を20gに制限します。

・昼20g
・夜20g

特に、白米、白いパン、麺類、お菓子などの多い食品の摂取は控え、白砂糖などの精製された糖質の摂取も控えます。

他には、

・糖質の少ない野菜や海藻、きのこなどは好きなだけ食べてOK
・根菜類やいも類は糖質が多いので注意
・肉、魚介、豆腐、納豆、チーズなどのたんぱく質や脂質が主成分の食材は積極的に摂る
・牛乳や果汁は避ける
・緑茶よりも、水、番茶、麦茶、ほうじ茶、成分無調整の豆乳などが好ましい
・マヨネーズやバター(砂糖未使用)はOK、オリーブオイルは積極的に摂る
・お酒は、ビール・日本酒は避けて、蒸留酒(ウイスキー、焼酎、ブランデーなど)はOK
・間食やおつまみは、チーズ・ナッツ類ならOK
・ドライフルーツやお菓子は不可

など。

糖質制限をすることで、お腹が減る原因となる血糖値の乱高下が生じないので朝食を抜いてもお昼までお腹が空かなくなるというメリットもあります。

ほんの数日で2~3kg減り、続けていくことで適正体重でキープもできるようになります。

というのがこの朝食抜きダイエット+糖質制限の方法です。

まとめ

朝食抜きダイエットには向き、不向きがあります。

出来ない人はストレスになってしまうくらいならやらないほうがいいですし、出来るなら徹底的にやって継続するほうが効果的です。

注意点としては、朝食抜きの生活で頑張って痩せた後に今までの食生活に直ぐに戻すとリバウンドをしてしまう危険性が高くなるということです。

ですが、1日の食事量が多い人は、食事内容を考えたり量を減らすきっかけになるかと思います。

・朝は「排泄」の時間(カラダを温めるお白湯は積極的に摂る)
・夜20時からは「吸収」の時間(20時以降はなるべく食べない)
・「ぐぅ」とお腹が鳴った時は脂肪が燃える合図

など。

また、食事をする際は「パンだけ」「おにぎりだけ」といった偏った食べ方をするよりもプラス野菜(食物繊維)、プラスゆで卵(たんぱく質)など食物繊維とたんぱく質も意識して摂るのがダイエットに効果的です。

カラダの仕組みを理解しているとダイエットに良いこと・悪いことが分かるようになります。

朝食抜きダイエットをはじめる前に、まずは今の食生活を見直してみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です