【コンビニでプロテイン】丸善のささみプロテインバーの味や値段、口コミ【まとめ】

ダイエットや筋トレをするなら1日に摂るたんぱく質の量は重要です。

摂取するたんぱく質が少ないと「筋肉量が減り・基礎代謝が落ち・痩せにくく太りやすいカラダ」になったり、筋トレをしても効率的に筋肉を増やすことができません。

また、たんぱく質は意識して摂らないと「1日に必要なたんぱく質の量」に足りないことが多く食生活によっては「全然足りていない」ということも多々あります。

でもすが安心してください。

現在では「あれ?今日タンパク質摂ってない!」と思った時でもコンビニに駆け込めば手軽に高たんぱくな食品を入手することができます。

ここでは、コンビニで買える「ささみプロテインバー」について紹介します。

ささみプロテインバーとは?

プロフィットささみプロテインバー

コンビニで買えるプロテインの商品と言えば、

・プロテインバー(チョコ味など)
・プロテインゼリー(ウィダーinゼリーなど)
・プロテイン飲料(SAVAS/ザバスなど)
・プロテインソーセージ

などがあり、

・サラダチキン
・フィッシュチキン

といった、手軽にたんぱく質の摂れる食品もありますよね。

どれも開けたらすぐ食べれる手軽さがありますが、商品によってはたんぱく質の他に「糖質(炭水化物)」がたっぷり入っているものもあるのでダイエット中は注意が必要です。

ささみプロテインバーは、プロテインソーセージで見た目は魚肉ソーセージのようなパッケージとなっています。

保存料・着色料不使用なのに、常温保存OK!&賞味期限も長い!(製造から120日)とストックにも便利なプロテインソーセージです。

ささみプロテインバーの味や糖質量、たんぱく質は?

ささみプロテインバーは「チーかま」「ホモソーセージ」で有名な「丸善」が製造・販売している商品なので安心して手を伸ばすことができます。

正式名称は、プロフィット(PROFIT)ささみプロテインバー。

国産鶏をささみスティック状にして、パサパサ感や臭みを軽減し食べやすさを追求しています。

味は、

・プレーン
・レモン
・レッドペッパー
・ブラックペッパー
・ホワイトペッパー

の5種類がありますが、2020年2月現在「プレーン味」がコンビニの棚や通販サイト、丸善の公式サイトのページから姿を消しました。

通販サイトのAmazonでは「この商品には新しいモデルがあります」と表示され「丸善 PROFITささみプロテインバーコンソメ味」へとリンクがあります。

2020年3月2日に発売予定となっているのでリニューアル発売に期待!

コンソメ味も美味しそうですね。

栄養成分は?

それではダイエッター&筋トレ民(トレーニー)が気になる内容成分&栄養成分を紹介していきたいと思います。

レモン味(2本入り)

栄養成分表示1本(65g)あたり

・エネルギー:69kcal
・たんぱく質:11.0g
・脂質:0.4g
・炭水化物:4.6g
・食塩相当量:1.2g
・コラーゲン:2,000mg

2本入りなので、2本食べれば倍の量を摂ることができます。

炭水化物も入っていますが甘いプロテインバー(inバープロテイン)と比べると低糖質に抑えられます。

inバープロテインのベイクドチョコは1本で10.6gの糖質(たんぱく質は15g)が入っています。

ささみプロテインバーであれば2本食べても炭水化物が9.2g(たんぱく質22g)なのでinバーよりも低糖質でたんぱく質をより多く摂れます。

原材料名

鶏ささみ、豚コラーゲンペプチド、チキンエキス、食塩、発酵調味料、野菜ミックスソテーピューレ―、香辛料、レモン果汁、たまねぎエキス、酵母パウダー、チキンエキスパウダー/加工デンプン、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、香料、甘味料(ネオテーム)、香辛料抽出物

レッドペッパー味(2本入り)

栄養成分表示1本(65g)あたり

・エネルギー:70kcal
・たんぱく質:11.0g
・脂質:0.5g
・炭水化物:4.9g
・食塩相当量:1.2g
・コラーゲン:2,000mg

2本入りなので、2本食べれば倍の量を摂ることができます。

原材料名

鶏ささみ、豚コラーゲンペプチド、チキンエキス、食塩、香辛料、発酵調味料、野菜ミックスソテーピューレ―、チリパウダー、塩蔵唐辛子、たまねぎエキス、酵母パウダー、チキンエキスパウダー/加工デンプン、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、香料、甘味料(ネオテーム)、香辛料抽出物

ブラックペッパー味(2本入り)

栄養成分表示1本(65g)あたり

・エネルギー:70kcal
・たんぱく質:11.0g
・脂質:0.4g
・炭水化物:4.8g
・食塩相当量:1.2g
・コラーゲン:2,000mg

2本入りなので、2本食べれば倍の量を摂ることができます。

原材料名

鶏ささみ、豚コラーゲンペプチド、チキンエキス、食塩、香辛料、発酵調味料、野菜ミックスソテーピューレ―、たまねぎエキス、フライドガーリックパウダー、酵母パウダー、チキンエキスパウダー/加工デンプン、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、香料、甘味料(ネオテーム)、香辛料抽出物

コンソメ味(2本入り)※3/2発売

栄養成分表示1本(65g)あたり

・エネルギー:70kcal
・たんぱく質:11.0g
・脂質:0.4g
・炭水化物:4.9g
・食塩相当量:1.1g
・コラーゲン:2,000mg

2本入りなので、2本食べれば倍の量を摂ることができます。

原材料名

鶏ささみ、豚コラーゲンペプチド、チキンエキス、チキンエキス調味料、発酵調味料、食塩、野菜ミックスソテーピューレ―、たまねぎエキス、香辛料、酵母パウダー、チキンエキスパウダー/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、リン酸塩(Na)、香料、甘味料(ネオテーム)、香辛料抽出物、(一部に小麦・大豆・鶏肉・ゼラチンを含む)

ホワイトペッパー味/卵白プロテインバー(2本入り)

栄養成分表示1本(65g)あたり

・エネルギー:73kcal
・たんぱく質:8.3g
・脂質:0.4g
・炭水化物:8.8g
・食塩相当量:1.2g
・コラーゲン:2,000mg
・EAA(必須アミノ酸):9種類

原材料名

卵白、魚肉、豚コラーゲンペプチド、発酵調味料、粉末状植物性たん白(小麦、大豆)、食塩、還元水あめ、砂糖、ベーコン風味調味料、こしょう/加工デンプン、炭酸Ca、調味料(アミノ酸等)、レシチン、スモークフレーバー、香料、(一部に小麦・卵・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)

卵白プロテインバーに注意!

注意

プロフィットのささみプロテインバーはどの商品も摂れる栄養成分は「ほぼ同じ」なのでどれを選ぶか?は「味」がメインになってきます。

ですが、ホワイトペッパー味の「卵白プロテインバー」はささみプロテインバーとは別物なので購入する際は注意が必要です。

・1本でとれるたんぱく質の量が少ない
・砂糖や還元水あめが入っているので炭水化物が多い
・ささみではなく、卵白。味はかまぼこ風

ダイエッターにとっては「砂糖」入りはちょっと避けたい商品ですよね。あと効率を考えるなら、たんぱく質が減ってる分が気になります。

唯一嬉しいのは、

・EAA9種類配合

というところでしょうか。

EAAとは?

EAAは20種類あるアミノ酸のうち、体の中で作ることができない「必須アミノ酸」9種類のことです。

サプリメントでも「EAA9」として単体で売っており筋トレ民の中でも愛用している人の多いサプリメントです。

その理由としては、強度の高いトレーニングや筋トレをする人が摂ることで筋肉肥大や筋たんぱくの合成を効率よくバックアップしてくれるためです。

ハードなトレーニングをしない人には不要ですが、EAAサプリメントを購入しようとするとお値段が高いので卵白プロテインバーとしてたんぱく質と一緒に摂れるのは便利です。

ですがどれくらいのEAAが含まれているか記載がないためその配合量(作用の効果)は不明となります。

ささみプロテインバーを実際に食べてみました!

私がささみプロテインバーと出会ったのは2020年の1月某日、近所にあるコンビニの「ローソン」でした。

「たんぱく質足りてないな~」と思っていたので、視界に入るや否や置いてあった3種類を鷲掴みにしレジへ…。

この時すでに「プレーン味」は無かったのでリニューアルを開始していたのかもしれません。

もちろん賞味期限チェックは怠りません。

・レモン味:2020年5月25日
・レッドペッパー味:2020年5月22日
・ブラックペッパー味:2020年5月19日

この時1月だったので「すごい!長い!」と思ったのを覚えています。

ちなみに商品自体の賞味期限は「常温にて、製造から120日」となっていますが、通販などで購入すると「1ヵ月~2ヵ月」の商品が届くことが多いようです。

長く持たせたいならコンビニなどの店舗で買うのが一番ですが1袋は定価の220円(税込)での購入となります。

前置きが長くなりましたが、味のレビューを紹介します。

レモン味を食べてみた感想

「美味しい。すき」

ファーストインプレッションはこちら。

魚肉ソーセージ系はもともと好きなので問題ありません。人によっては「まずい」「普通」と分かれるようですが私は大丈夫でした。

他の人の口コミに「魚肉ソーセージより弾力がある」とありましたが、確かに弾力がありますが「少し」歯ごたえがあるかな程度です。

ほんのりレモン風味で酸っぱい感じはなく爽やかにレモンを感じます。

ソーセージ部分を思いっきりクンクン嗅ぐと加工品臭さはありますが食べてる時にはさほど感じないので問題なし。

口コミにも上がる「塩分」ですが一番塩味を感じず食べれました。

レッドペッパー味を食べてみた感想

「七味!」

ファーストインプレッションはこちら。

開けたら七味のにおいがします。食べても七味風味で美味しくいただけます。

ひとつ気になるのが、塩味がちょっと強く感じるかな?という部分。

この商品はどれも1本1.2gの食塩相当量が含まれています。

1日の塩分摂取量は「18歳以上の男性は8.0グラム未満」「18歳以上の女性は7.0グラム未満」で可能であれば「6.0グラム未満」の減塩が推奨されています。

気にする人は気になる塩分量ですが、他の食事で調整すれば問題ありません。

ですが、後味としても塩味が残るので気になる人は気になるかと思います。

おつまみには最適です。ダイエット中は蒸留酒のお供に良いかと。

ブラックペッパー味を食べてみた感想

「うん、ブラックペッパー」

ファーストインプレッションはこちら。

そのままですが、ブラックペッパー感がとてもあります。

ですが、3種類の中で一番ブラックペッパー味がダメかも。。それは匂いです。

食べてる時に「ブラックペッパー+加工品のにおい」が一緒に感じられます。他の2つはさほど感じませんでした。

さらに、レッドペッパー味同様に塩味も後追いでやってきます。素直に一番しょっぱく感じます。他の2つも同量の塩分量なのに。

うーん。リピートはないかな。。

こちらも塩味が強く感じるのでお酒のおつまにみは合いそうです。

3種類のささみプロテインバーを食べた結論!

味的に好きなのは「レッドペッパー味」。

でも塩味が残るので日常で続けて食べるのであれば「レモン味」。(たまにレッドペッパー)

リピートはないのは「ブラックペッパー味」。

というのが私の食べた感想です。

1日に必要なたんぱく質の量は、

・運動をほぼしない人…自分の体重×1.0g
・運動をとてもする人…自分の体重×2.0g

が目安となります。

ささみプロテインバーは、1本で「11g」のたんぱく質が手軽に摂れるので、足りていない分の底上げが簡単にできます。

味の感想は人それぞれだと思うので、気になった人は食べてみてください!

ささみプロテインバーを美味しく食べる方法

たんぱく質を意識しているということは、炭水化物(糖質)も意識しているのではないでしょうか?

糖質を減らす=主食を減らしていると思いますが、そのことにより一緒に食物繊維の摂取量も減ってしまいます。

これは、炭水化物=糖質と食物繊維のセットで出来ているためです。

食物繊維が減ると、便秘になったりすっきりしないですよね。食物繊維も普段から意識しないと摂れていない栄養素となります。

そこで一石二鳥な方法が「サラダと一緒に食べる」です。

用意するもの

・コンビニのカットサラダ(ドレッシングなし)
・ささみプロテインバー(お好きな味)
・オリーブオイル

サラダは好きなもので大丈夫ですが、ドレッシング無しのものがおすすめです。

作り方

サラダにカットした(手でちぎってもOK)ささみプロテインバーを入れ、オリーブオイルをかける。

以上。

通常、サラダにオリーブオイルをかけて食べる場合は塩を少々追加しますが、塩味はささみプロテインバーについているので塩は不要です。

オリーブオイルのさわやかな香りがささみプロテインバーの気になるにおいを消し、野菜と一緒に食物繊維を摂れ塩味もついているので美味しくいただけます。

オリーブオイルはダイエット中や筋トレ民も積極的に摂りたい油です。

・活性酸素の影響による脂肪細胞の増加を抑制&老化防止
・脂質代謝や糖代謝を活性化させ、脂肪をつきにくくする
・大腸まで吸収されずに届くので腸内の滑りを良くし排便を促す

といった作用を期待できます。

「買ってみたけど食べれないかも」という人や「お昼ご飯として食べたい」という人は試してみてください。

ちなみに、選ぶオリーブオイルは生食用におすすめな「エクストラバージンオリーブオイル」という「EXTRA VIRGIN」と書かれたものを選んでください。

書いていないものは「加熱用」なので、生で食べると美味しくないです。

サラダチキンとの違いは?

「コンビニで買えるたんぱく質食材」と言ったら「サラダチキン」が一番に出てくるほど有名になりましたよね。

ダイエッターや筋トレ民は一度は食べたことはあるのではないでしょうか?

発売当初は「プレーン味」のみでしたが、いまではガーリックペッパー、スモーク、炭火焼き、ハーブ、激辛味噌仕立てなどなど味のラインナップも豊富になっています。

セブンイレブンのサラダチキン(プレーン)の成分表示は下記の通り。

サラダチキンプレーン味 byセブンイレブン

価格:213円(税込み)

栄養成分表示(110g)あたり

・エネルギー:114kcal
・たんぱく質:24.3g
・脂質:1.2~1.5g
・炭水化物:0g
・食塩相当量:1.1g

1個でたんぱく質が「24.3g」摂れて、炭水化物が「0g」なのはとても優秀です。これがトレーニーやダイエッターに選ばれる理由です。

続いて、ささみプロテインバーを2本食べた場合と比較してみます。

ささみプロテインバーレモン味(2本)

価格:220円(税込み)

栄養成分表示1本(130g)あたり

・エネルギー:138kcal
・たんぱく質:22.0g
・脂質:0.8g
・炭水化物:9.2g
・食塩相当量:2.4g
・コラーゲン:4,000mg

比較してみると、炭水化物の量と食塩相当量が気になります。糖質制限をしている人はしっかりカウントが必要です。

1日の糖質量は、

・糖質制限を頑張る人は60g以下(1食20g以下)
・ほどほどに糖質制限をしたい人は100g以下(1食30g以下+間食10g以下)

で調整すると結果もでやすくなります。

セブンのサラダチキンと比較した時のメリット・デメリット

まず、ささみプロテインバーのメリットは下記の通りです。

・常温保存できるので、好きな時に食べられる(サラダチキンは冷蔵保存)
・バッグに入れて持ち運べる(サラダチキンは冷蔵なので厳しい)
・賞味期限が120日と長い(サラダチキンは大体13日程度)
・国内の鶏を使用している(セブンのサラダチキンはタイ産)
・液だれしない(サラダチキンは液体が入っている)
・コラーゲンが2本で4,000mg摂れる(サラダチキンはなし)

デメリットは下記の通りです。

・2本食べると炭水化物が「9.2g」(サラダチキンは0g)
・食塩相当量が2本で「2.4g」(サラダチキンは1.1g)

ちなみに、個人的な感想ですがサラダチキンは食べ続けると飽きが来ます。というより「味が嫌」になり食べたくなくなります。

これは独特な下味があるので、大丈夫な人は味を変えれば問題ありませんが私は料理で味変してもダメでした。毎日食べていたので食べ過ぎたというのもあります。

また、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、イオンなど様々な会社が出していますが、それぞれ内容が異なり糖質が含まれているものや風味に違いがあります。

サラダチキンを購入の際はまず「成分表示」を確認して買うと安心です。

チーかまとの違いは?

チーかまとの違い

丸善さんと言えば、みんな大好き「チーかま」ですよね。

新幹線に乗る時やグリーン車に乗るときに駅のコンビニでささっと買って酒のお供にする人も多いと思います。

そんな魚肉ソーセージにもたんぱく質が豊富って聞いたことありませんか?

実際どんなものなのか?ついでに見ていきましょう。

チーかま1本(45g)あたりの栄養成分表示

・エネルギー:57kcal
・たんぱく質:5.2g
・脂質:1.7g
・炭水化物:5.3g
・食塩相当量:1.0g
・ナトリウム:393mg
・カルシウム:235mg

ささみプロテインバーと比べると、たんぱく質は少ないし炭水化物は多いのでちょっとよく分かりませんが身近な「納豆」で比べてみます。

おかめ納豆/国産丸大豆納豆(40g)1パックあたり

たんぱく質不足

・エネルギー:77kcal
・たんぱく質:6.7g
・脂質:3.7g
・炭水化物:4.3g
・食塩相当量:0.005g

比べてみると1パック分まではいかないけど、チーかま1本でもたんぱく質が摂れることが分かります。

ちなみにチーかま1本に含まれるカルシウムは牛乳のコップ一杯(200ml)分に相当します。

注意点は炭水化物。

納豆の炭水化物の半分以上は「食物繊維」ですが、チーかまの炭水化物のほとんどは「糖質」になりますので食べすぎには注意が必要です。

まとめ

現在ではコンビニでプロテイン配合の商品が簡単に購入できます。

ささみプロテインバーもその一つで主に「ローソン」や「ナチュラルローソン」に置いてある店舗が増えてきています。(置いていないローソンもあります)

コンビニで買えない人はAmazonなどのネット通販という手もありますが、

・まとめ買いになる(10袋など/その分定価より安い)
・コンビニで買うより賞味期限が短い(1ヵ月~2ヵ月)

という違いがあります。

味は4種類+1種類で

・プレーン(コンソメにリニューアル中)
・レモン
・レッドペッパー
・ブラックペッパー

そして、卵白プロテインバーの

・ホワイトペッパー

となり、匂いが気になったり、塩味が強く感じたりするフレーバーもあるためどれにするかは「自分で食べて試してみる」が一番良い方法です。

美味しく食べるならサラダにinしてオリーブオイルをかける方法がよいですが手軽とは言え加工品なので添加物は含まれています。

主食ではなく「今日1日で、足りない分のたんぱく質補給」「食事を摂り忘れたときのお助け品」といった緊急時に食べるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です