【MCTオイルダイエット方法】痩せるバターコーヒーの飲み方・作り方!

テレビCMでもよく見かけるようになった「MCTオイル」。一体何がいいのか?他の油(オイル)と何が違うのか?気になりますよね。

MCTオイルを調べてみると、

「中鎖脂肪酸だから、エネルギーになりやすい!」
「他の脂質と比べ、体に溜まりにくく中性脂肪になりにくい!」
「持久力もアップできるので、アスリートの体づくりにもいい!」
「体脂肪も減りダイエットにも、脳にも良い!」

といった内容を目にします。

また、MCTオイルダイエットで調べると、

・バターコーヒー
・完全無欠コーヒー
・ココナッツオイル
・グラスフェッドバター
・ケトン体、ケトジェニック

などなど、普段聞かない用語や「バターコーヒーでダイエット??」といった油っぽいイメージとダイエットが結びつかない方法がでてきます。

ここでは、MCTオイルの何がダイエットにいいのか?ココナッツオイルとの違いは?といった疑問やバターコーヒーの痩せる飲み方や作り方などについて解説します!

【疑問その1】MCTオイルとは?

MCTオイルとは

MCTオイルとは、「Medium Chain Triglyceride」(ミディアム チェーン トリグリセリド)オイルの略のことで日本語で言うと「中鎖脂肪酸」100%の油のことを言います。

オイルは、

・短鎖脂肪酸(バターなど)
・中鎖脂肪酸(ココナッツオイルなど)
・長鎖脂肪酸(牛脂・ラード、キャノーラ油、オリーブオイルなど)

の3種類の鎖の形のような分子に分けることができ、それぞれ長さが異なります。

私たちが食生活の中で摂っている油のほとんどは「長鎖脂肪酸」でその長い鎖は消化吸収するまでに様々な過程が必要なため分解されるまでに時間がかかります。

さらに、エネルギーとして分解されるほかに体脂肪として蓄えておき必要な時にエネルギーとして使うという性質があるため、摂りすぎは肥満の原因となります。

それに比べ鎖の短い「中鎖脂肪酸」は、水になじみやすく長鎖脂肪酸と比べ約4倍の速さで分解されるので素早くエネルギーとなり体脂肪として蓄積されにくい油となります。

MCTオイルは、ココナッツやパーム核から抽出された100%中鎖脂肪酸のオイルなので「ダイエットや運動に効果的」と注目されています。

なお、最近出た新しいオイルではなく医療業界では1960年ごろから使われ、手術後の患者さんなどのエネルギー補給や医療用食品として長年使用されています。

MCTオイルは、普段意識しないと摂れない中鎖脂肪酸をカンタンに摂取することができます。

【疑問その2】ココナッツオイルとの違いは?

ココナッツオイルとの違い

MCTオイルはココナッツから抽出されたものと聞くと「じゃあココナッツオイルでもいいんじゃないの?」と次の疑問が湧いてきます。

また、「ココナッツオイルコーヒー」といったダイエット方法もありますよね。

MCTオイルとココナッツオイルの違いは、中鎖脂肪酸の比率の違いにあります。

・MCTオイル…中鎖脂肪酸100%
・ココナッツオイル…中鎖脂肪酸60%、長鎖脂肪酸40%

ココナッツオイルには、長鎖脂肪酸も含まれています。

また、中鎖脂肪酸も炭素数によって主に「C8(カプリル酸)」「C10(カプリン酸)」「C12(ラウリン酸)」の3つに分類されます。

・C8とC10…エネルギー効率が良く、ダイエット・アスリート向き
・C12…ゆるやかに働き、抗酸化作用あり。どちらかと言えば美容向け

この含有される炭素数がそれぞれ異なり、

・MCTオイル…主にC8とC10を含有(商品により比率が異なる)
・ココナッツオイル…約80%がC12のラウリン酸で出来ている

MCTオイルの場合は、ココナッツから中鎖脂肪酸の成分のみを抽出したオイルなのでココナッツオイルとは違い余分なものは入っていないオイルになります。

ダイエットとして利用するのであれば、C8とC10が配合されたMCTオイルが効果的です。

また、味や匂い、利用方法などにも違いがあります。

・MCTオイル…加熱NG(煙が出る)、無味・無臭、常温保存OKの液体
・ココナッツオイル…加熱OK、甘い香りと味、常温保存&寒いと固まる

MCTオイルは加熱すると危険なので、バターコーヒーなど液体に混ぜたり、料理の際の仕上げにかけたりして利用する必要があります。

【疑問その3】ケトン体とは?

MCTオイルを調べていると「ケトン体」という言葉が出てきます。

人間のカラダがエネルギーを作る際、

・糖から作る(ブドウ糖)
・脂肪から作る(=脂肪燃焼)

という2つの方法があります。

ケトン体は「糖」ではなく「脂肪」を燃焼として作られるエネルギーのため、カラダのケトン体回路が動いている時は蓄積された中性脂肪を燃やすことができます。

MCTオイルを摂ると効果的にケトン体を作り出してくれます。

つまり、脂肪をエネルギーとする「ケトン体回路」を作りやすくしてくれるまさにダイエットに嬉しい効果のあるオイルということです。

ちなみに、ケトン体回路のことは「ケトジェニック」ブドウ糖を燃料とする糖質回路のことは「グルコジェニック」と呼ばれます。

MCTオイルダイエットには糖質制限が必須!

糖質オフダイエット

実は、MCTオイルを摂るだけではケトン体回路は効率的に動いてくれません。

なぜなら、毎日の生活で摂る「糖質」が体の中にある場合、優先的にこのブドウ糖を燃料にする「糖質回路」が働くためです。

糖質回路とケトン体回路はシーソーのような関係で、糖質回路が優位な場合ケトン体は出てきません。

つまり、カラダは脂肪からエネルギーを作らずに糖からエネルギーを作っている状態のため、一向に中性脂肪を燃やすことができないのです。

さらに現代では、糖質の摂取が多くなり過剰摂取することで中性脂肪を燃やすどころか、糖質を脂肪として脂肪組織に蓄積してしまいます。

そのため、糖質の過剰摂取は肥満の原因となります。

そこで、糖質制限をすることでケトン体回路を効率的に動かそう!というのが「MCTオイル+糖質制限ダイエット」の目的となります。

カラダは糖質が制限されるとようやくケトン体を作りケトン体回路を働かせるため、MCTオイルダイエットをする際は糖質制限が必須となるのです。

【疑問その4】バターコーヒーダイエットとは?

このケトン体を出し、蓄積した脂肪を燃焼しやすくするために無理なくできるダイエット方法として「バターコーヒーダイエット」があります。

用意するものは下記の4つ。

・コーヒー(豆、ドリップ、インスタント/お好み)
・無塩のグラスフェッドバターまたはギー(ない場合は無塩バター可)
・MCTオイル(メーカーにより異なる/原材料ココナッツ100%がおすすめ)
・ミルクフローサー(ハンドブレンダー可)

作り方のポイントは、スプーンで混ぜるだけではなくミルクフローサーなどでバターとオイルをしっかり攪拌させることです。

攪拌し、乳化させることでバターやオイルが分解されて脂肪がエネルギー源と使われやすくなります。

また、攪拌しなかったりあまり混ぜずに飲むと表面に浮いた油で「おえっ」となってしまうことも。

しっかり攪拌すると、カプチーノのような口当たりでブラックコーヒーが苦手な人でも美味しく飲むことができます。

バターコーヒーダイエット中の食事とは?

良質なたんぱく質

バターコーヒーダイエットは、朝食をバターコーヒーだけにして昼食と夕食の糖質制限を組み合わせるダイエット方法になります。

糖質制限は、強度によって3つのコースがあります。

ダイエットの期間は、1週間から3週間を目安にスタートしてみましょう!

初級コース

・朝食…バターコーヒー
・昼食…通常食(ある程度の糖質OK)
・夕食…糖質制限食(主食は抜く)

中級コース

・朝食…バターコーヒー
・昼食…糖質制限食(主食は抜く)
・夕食…糖質制限食(主食は抜く)

上級コース

・朝食…バターコーヒー
・昼食…バターコーヒー
・夕食…糖質制限食(主食は抜く)

前日の夕食を主食抜きにし、翌日の朝にバターコーヒーを飲むことによって糖質を摂らない時間の間、血糖値を上昇させることなくケトン体を出しケトン体回路を回すことができます。

初級なら、前日の夜からお昼ご飯までの間。
中級なら、さらに長時間。
上級なら、食事の調味料などにも入っている糖質も摂らないことにより、ケトン回路は最強に働きます。

【疑問その5】痩せるバターコーヒーの飲み方・作り方は?

痩せるバターコーヒーの作り方

まずは材料を用意します。

おすすめの材料は下記の通りです。

・コーヒー(豆なら挽いたもの15g)
・有機バイオバター グラスフェッドバター無塩(15g)
・仙台勝山館 MCTオイル(15g/大さじ1杯)
・ミルクフローサー(HARIOミルク 泡だて器)

毎朝1杯を朝食の代わりに摂ります。

コーヒー豆について

珈琲豆

本格的に淹れるなら、豆から挽いたものが美味しいです。

その際は、コーヒーサーバーとステンレスフィルターを使うとペーパーフィルターでは吸着されてしまうコーヒーオイルをしっかりとドリップすることができます。

「朝にそんなことやってる時間がない!」

という場合は、

・インスタント
・ドリップコーヒー
・コーヒーメーカー(ネスカフェバリスタ、ネスプレッソ等)

で代用することも可能です。

私はBROOK'Sのドリップバッグコーヒーで淹れていますが味が美味しい&手軽なので便利です。

バターについて

グラスフェッドバター

「なんでグラスフェッドバターなの?」
「普通の無塩バターじゃダメなの?」

グラスフェッドバターとは、自然の環境で放牧され天然の牧草だけを食べて育った牛の乳から作られた脂肪の質が良いバターです。

バターコーヒーを作る際に、通常の無塩バターでも問題ありませんがグラスフェッドバターを使うには理由があります。

・通常のバターよりも、不飽和脂肪酸の共役リノール酸が多い
・さらに、不飽和脂肪酸のオメガ3系脂肪酸も豊富
・ビタミンA、D、E、Kも含まれ、特にビタミンAとEが多い

デメリットは入手困難(主にネット)で、お高いということです。

有機バイオバター グラスフェッドバター無塩もAmazonなどで注文することができますが、1個250g(2700円)3個で(4900円)とかなりお高くなっています。

ですが、バターコーヒーにした時の味が他のグラスフェッドバターに比べ美味しい!と評判です。

ちなみに紀伊国屋で、バランタインのグラスフェッドバター(発酵バター無塩)が売っていましたが、1個250gで2000円くらいでした。

種類は少ないですが、お店に置いてあることもあります。

グラスフェッドバターとギーの違いは?

バターコーヒーにはグラスフェッドバターのほかに「ギー」がおすすめされています。

ギーとは、バターから水分・たんぱく質・不純物を完全に除去して純粋な油分にした「ガゼイン0」「乳製品アレルギーの人も食べれる!」「常温保存OK」のバターオイルです。

グラスフェット ギーとは、100%グラスフェッドバターを使って作られているのでグラスフェッドバターよりも栄養が凝縮されたものになります。

成城石井やコストコ、ナチュラルローソン、イトーヨーカドーなどでも手に入り価格も200g(瓶入り)2000円程度となります。

デメリットとしては、においや味に癖があると感じる人がいることです。

私的には、バターの風味が高くなり美味しく感じました。

合う合わない、美味しい・まずいなど好みはそれぞれですのでバターコーヒーダイエットを始めるならいろいろと試してみるのがおすすめです。

MCTオイルについて

仙台勝山MCTオイル

おすすめの仙台勝山館のMCTオイルは、中鎖脂肪酸100%で原料はココナッツ100%。無味無臭でくせがなく、脂肪酸比率はカプリル酸(C8)60%、カプリン酸(C10)40%の商品です。

1本(360g)が2380円(初回は2080円)と他のMCTオイルより高めとなっています。

MCTオイルは日清オイリオを含むさまざまなメーカーから出ているので、Amazonなどで検索するといろいろな商品がヒットします。

また、海外の通販サイトiHerbでは格安で購入することもできます。

商品によっては、ニオイがあり癖もあるといったものもあるのでC8・C10の配合内容の確認とともに口コミなどを参考に選ぶと安心です。

ミルクフローサーについて

ミルクフローサー

まず、混ぜる際に使う容器ですがプラスチック系の容器にMCTオイルを長く入れておくとひび割れの原因となりますので、ガラス製のものを使用するようにしましょう。

また、ミキサーを使う場合はメーカーによって耐熱温度に差があり熱々のコーヒーを攪拌する際にフタが飛ぶなどの事故が起こる危険がありますので注意してください。

・ミルクフローサー、ミルクフォーマー(100円均一やIKEAにもあり)
・ハンドブレンダー
・ハンドミキサー

などで攪拌すると安心です。

また、クリーマーとミルクポットがセットになった商品も販売されています。

私も使っていますがドリップタイプのコーヒーやインスタントタイプのコーヒーの場合、セット商品だととても便利です。

実際にバターコーヒーを作ってみました!

朝ごはんを食べないことが多かったので「朝食の代わりに飲める!」「コーヒー大好き!」な私に一石二鳥なダイエット方法だと思い早速初めて見ました。

1)バターを15gにカットします。

この時、15gずつにカットして1つ1つをラップで包み、ジップロックに入れておくと朝の忙しい時間にわざわざカットする手間がないので便利です。

また、計量にはデジタルのはかり(スケール)があると便利です。

※グラスフェッドバターが注文して到着まで1週間かかるとのことだったので、家にあったカルピスの無塩バターを代用しています。

2)ミルクポット(マグカップ等)にバターを入れる

先にグラスフェッドバター(ギー)を入れます。豆から挽いたコーヒーの場合も、お湯を注ぐ前にバターを入れておきます。

3)ドリップコーヒーをセットしお湯を注ぐ

お湯の熱でバターが溶けます。

4)MCTオイルを15g(大さじ1杯)注ぐ

油膜が出来て見た目はとても脂っぽいです。

スプーンで混ぜてこのまま飲むという人もいますが私はできそうにありません…。

5)ミルクフローサーで攪拌!

早速、溢れさせてこぼします。

こぼさないようにするには、長押しせずに少しずつ回して攪拌するかカップを斜めにしていい具合な場所を探りつつ回すとうまくいきます。

あわあわになるまでしっかり攪拌させます。

5)カップに注いで出来上がり♪

まさに見た目はカプチーノ!

実際に飲んでみると、バターやオイルの癖が無く美味しいです。

ですが、コーヒーだけをドリップして飲んでいる時よりも苦みが強く感じました。

時間を置くと油脂が分離してしまうので、熱々のふわふわのうちに飲みましょう!

【番外編】ブラックコーヒーが飲めない人は…!

「コーヒーには砂糖を入れないと飲めない!」

という人は、糖質制限時の強い味方「ラカントS」というカロリー0の自然派甘味料で砂糖の代用をしましょう!

ラカントSのパッケージの裏面に100gあたり炭水化物99.8g(脂質99.8g)と記載があります。

ですが、ラカントSに含まれるエリスリトールは、摂取してもカラダの中で代謝されずにほとんどが尿として排出されるため安心して砂糖の代わりとして使うことができます。

バターコーヒーを甘くしたい!という人は、ラカントSを入れて美味しく飲みましょう♪

ちなみにブラックコーヒー派の私も試してみましたが、小さじ1杯も入れなかったせいかそれほど甘みを感じず「無くてもOK!」という結論に至りました。

甘くしたい人は、少し多めに入れると良いと思います。

【疑問その6】糖質制限ってどうしたらいいの?

バターコーヒーダイエット中の糖質制限の考え方として、食事バランスを炭水化物2:たんぱく質4:脂肪4にすることが推奨されています。

糖質量の多い食品を控えめにして、高たんぱく、高脂質の食事を心がけること。

ポイントは、カロリーは気にしない(カロリー制限を一緒にやらない)ということです。

糖質制限中にカロリー制限もしてしまい、基礎代謝よりもカロリーが少なくなってしまうとカラダは内臓機能維持のため筋肉を分解してエネルギーを作り出します。

筋肉分解=余計に基礎代謝が下がります。

その状態で「痩せた!」と思って食べる量を元に戻すと直ぐに太り簡単にリバウンドをしてしまいます。

さらに筋肉量が減っているためかえって痩せにくいカラダになってしまうので、糖質制限+カロリー制限はNGとなります。

献立は肉、卵、チーズを中心に考えると◎

ローカーボ(低糖質)食材を摂るようにして、ハイカーボ(高糖質)食材は控えるようにしましょう!

食材に関しては他の記事で詳しく紹介します。

【疑問その7】完全無欠コーヒーとは?

完全無欠コーヒー

バターコーヒーダイエットやMCTオイルダイエットなどを調べていると「完全無欠コーヒー」という言葉が出てきますよね。

完全無欠コーヒーとはバターコーヒーのことで、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本に出てくるバターコーヒーの名称です。

著者はデイヴ・アスプリーという人で、自分が実践して痩せた方法を本にして日本では2015年9月18日に発売されました。

この本が元となりバターコーヒーダイエットブームが巻き起こりました。

その後、2017年6月7日に日本初のバターコーヒー専門店「最強のバターコーヒー」というお店が代々木にできテイクアウトで飲めるバターコーヒーが話題になりました。

ちなみに、最強のバターコーヒーが出版した本に「魔法のバターコーヒーダイエット」というものがあります。

他にも、宗田哲男先生(宗田マタニティクリニック院長)の「ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット」という本もあり、それぞれ考え方などが若干異なります。

バターコーヒーダイエットに関してもっと詳しく知りたい場合は、それぞれの本を読み比べてみるのも面白いかもしれません。

まとめ

MCTオイルを使ったダイエット方法に「バターコーヒーダイエット」があります。

バターコーヒーダイエットは、糖を燃焼する糖質回路ではなく、脂肪を燃焼するケトン体回路を働かせるのに最適なダイエット方法です。

ケトン体回路を動かすには、MCTオイルを摂るとともに「糖質制限」を一緒にしなければ効率的に動かすことはできません。

・MCTオイル(大さじ1杯)
・グラスフェッドバターやギー(15g)
・コーヒー(豆、インスタント、ドリップ)

をミルクフローサーなどでしっかり攪拌し朝ご飯はバターコーヒーのみを飲み、夜は糖質制限を行います。

昼はどれくらい痩せたいか?早く結果を出したいか?の強度によって、通常食や糖質制限食、バターコーヒーのみと変更します。

ちなみに、MCTオイルは合わない人もいるため少量の小さじ1杯からはじめるのもありです。大さじ1が多いと感じた場合は次から減らしてみる等もOK。

また、ブラックコーヒーが飲めない人は自然派甘味料のラカントSであれば糖質を気にせず砂糖の代わりに利用することができます。

気になった人はまずは1週間~3週間、試してみてくださいね!

【MCTオイルダイエット方法】痩せるバターコーヒーの飲み方・作り方!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です