鍋は太るのか?ダイエットに必見!【太りやすい鍋と太りにくい鍋の差】

2019年12月24日(火)よる7時00分~のTBSの番組「この差って何ですか?」で紹介された、太りやすい鍋太りにくい鍋の差。

冬の寒~い季節にピッタリの美味しい鍋。

「野菜もお肉もたっぷり摂れるし、ダイエットの強い味方!」
「野菜たっぷりでどんな鍋を食べてもヘルシー!」

と食べる機会も多いのではないでしょうか?

確かに、スイーツや揚げ物麺類よりも太りにくくなりますがでも実は、選ぶつゆや具材によって太りやすい鍋と太りにくい鍋があるんです!

更に、「あるもの」をプラスするだけで太りにくくなる魔法の食材も!

ダイエット中に鍋料理を食べる人必見の放送内容を紹介します。

そもそも、太る理由はカロリーではなかった!

太る理由はカロリーじゃない

今回紹介する鍋は、みんな大好き豆乳鍋やキムチ鍋、すき焼きやしゃぶしゃぶと言った全部で8種類で比較をしていきます。

ですが「カロリーが高いから=太りやすい!」ではありません。

元々カロリー(熱量)とは、糖質+脂質+たんぱく質の3つの要素を合わせて算出されたものになります。

この3つの中で太る原因となるのは「糖質」と「脂質」。

たんぱく質は「筋肉」に変わるため太る原因とはなりません。

さらに「食物繊維」を含んでいると、糖質や脂質の吸収を抑えてくれる働きがあります。(水溶性食物繊維の働き)

つまり、たんぱく質と食物繊維が多い食材や食べ合わせであればカロリーが高くても太りにくい。ということになります。

ですので、スーパーやコンビニなどでも食品を選ぶ際に裏面の表示部分でカロリー(熱量)だけを見るのではなく下記を計算してみると太りやすい値が分かります。

(糖質+脂質)-(たんぱく質+食物繊維)=太りやすい~値

この太りやすい~値が高ければ太りやすい鍋、低ければ太りにくい鍋となりますので、早速比較をしていきましょう。

【8種類の鍋を比較!】カロリーが高い順はこれだ!

まずは比較する鍋の種類を高カロリー順に紹介します。

1位)坦々鍋(ひき肉&豚肉)
2位)すき焼き(牛肉)
3位)豆乳鍋(豚肉)
4位)もつ鍋(牛または豚のもつ)
5位)しゃぶしゃぶ(牛肉)
6位)キムチ鍋(キムチ&豚バラ)
7位)寄せ鍋(エビやタラなど魚介たっぷり)
8位)水炊き(鶏の出汁が効いた九州の名物)

カロリーだけで見ると上記の順番になります。

これを太りやすい順に直すと下記になります。

【8種類の鍋を比較!】太りやすい鍋はこれだった!

すき焼きは一番太る鍋

カロリーから、太りやすい~値を計算したランキングはこちら。

1位)すき焼き(牛肉)
2位)しゃぶしゃぶ(牛肉)
3位)坦々鍋(ひき肉&豚肉)
4位)水炊き(鶏の出汁が効いた九州の名物)
5位)豆乳鍋(豚肉)
6位)キムチ鍋(キムチ&豚バラ)
7位)もつ鍋(牛または豚のもつ)
8位)寄せ鍋(エビやタラなど魚介たっぷり)

それぞれの理由も紹介します。

太りやすい1位)すき焼き(牛肉)

すき焼きには欠かせない、甘~い割り下。割り下には砂糖が入っていますよね。

実は標準の調理で4人前の場合、約30個分の角砂糖の量が入っています。

砂糖が太る理由は、吸収されると血液に溶け込みどろどろと血液の循環が悪くなり、内蔵全体の動きが鈍くなるから。

動きが鈍くなる=脂肪を分解しずらくなるため結果、脂肪を溜め込む肥満や体調不良の原因となります。

さらに、すき焼きには欠かせない「牛肉」にも太りやすい原因があります。

牛肉は脂質の量がすごかった!

牛肉は、豚肉や鶏肉に比べ脂質の量が多い食材となります。

・肩ロース(100g)=37.4g
・リブロース(100g)=56.5g

と、リブロースの場合ほぼ半分が脂となります。

太りやすい2位)しゃぶしゃぶ(牛肉)

しゃぶしゃぶは、だし汁にお肉を数回くぐらせて脂を落としているのでヘルシーなイメージがありますよね。

ですが、お肉の脂は落ちますがしゃぶしゃぶした後の脂は鍋の中に残ります。

鍋の中に残っているので、一緒に入っている野菜にたっぷりと脂が付着しその野菜を食べれば落とした脂は意味の無いものとなります。

さらに、牛肉やごまダレにも脂質が多いため「太りやすい鍋」となります。

太りやすい3位)坦々鍋(ひき肉&豚肉)

坦々鍋は太りやすい3位

坦々鍋には、

・たっぷりの豚ひき肉
・豚肉
・にんにく
・らー油

などの食材が使われています。

おつゆは、らー油やごま油といった油がたっぷりなためカロリーが高くなりますがそれでも3位となった理由があります。

それが牛肉ではなく「豚肉」を使っていることです。

豚肉が牛肉よりヘルシーな理由は?

豚肉は牛肉と比べて脂の量が少なくなります。

※同じ部位100g当たりの脂質の量

牛肉 豚肉
肩ロース 37.4g 19.2g
バラ肉 50.0g 34.5g

豚バラ肉は一見脂の量が多く感じますが、牛バラ肉に比べると約15gも脂質が少なくなります。

さらに、豚肉には摂った糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」が牛肉に比べ約10倍入っています!

つまり、同じお肉でも牛肉よりも太りにくい食材となっています。

すき焼きは牛肉で食べたいですが、しゃぶしゃぶを豚肉で食べれば牛肉で食べた時よりも脂質を抑えることが出来てかつ太りにくくすることが出来ます。

にんにくと豚肉で相乗効果もあり!

さらに嬉しいことに、坦々鍋に欠かせないにんにくに含まれる「アリシン」という成分がビタミンB1の吸収率をUPしてくれる働きがあります。

にんにくは臭うからちょっと…と嫌煙するのではなく豚肉を食べる時は積極的に一緒に摂るようにするとさらに太りにくくすることができます。

太りやすい4位)水炊き(鶏の出汁が効いた九州の名物)

太りやすい~値を計算すると4位に。

太りやすい5位)豆乳鍋(豚肉)

太りやすい~値を計算すると5位に。

太りやすい6位)キムチ鍋(キムチ&豚バラ)

こちらは坦々鍋で紹介の通り、

・豚バラ(牛肉より脂質が少ない、ビタミンB1が10倍)
・キムチ(にんにくを使っていて、ビタミンB1の吸収率が上がる)

という理由で、太りにくい鍋となります。

太りやすい7位)もつ鍋(牛または豚のもつ)

もつ鍋は太りにくい3位

もつ鍋はカロリーだけで見ると4位と高い順位に入っていますが、紹介した8種類の中で実は太りにくい鍋2位となります。

理由はもつ鍋に使われる「マルチョウ」(牛の小腸)。脂質は100g当たり26.1gと牛肉や豚バラ肉に比べて低くなります。

さらにもつ鍋で一緒に食べると良い部位が「ハツ」(心臓)です。

ハツは、脂質をエネルギーに変える「ビタミンB2」の含有量がトップクラス!と多く入っている食材です。

マルチョウとハツを一緒に食べることで、マルチョウの脂質をハツのビタミンB2が消費してくれるのでヘルシーに食べることが出来ます。

ニラにも嬉しい効果あり!

もつ鍋に欠かせないニラ。

実はニラにはにんにくと同じ「アリシン」が豊富に含まれているので糖質をエネルギーに変えるビタミンB1の吸収率をUPしてくれます。

そのため、もつ鍋は太りやすい~値がグッと下がり太りにくい鍋となります。

太りやすい8位)寄せ鍋(エビやタラなど魚介たっぷり)

寄せ鍋は太りにくい!

紹介した8種類の中で一番太りにくい鍋は寄せ鍋です!

寄せ鍋には魚介類を使いますが、エビやタラなどはお肉に比べ圧倒的に脂質が少ない食材となります。

※100g当たりの脂質の量

牛肉 豚肉 鶏肉 魚介
肩ロース
37.4g
肩ロース
19.2g
もも
19.1g
エビ
0.6g
バラ肉
50.0g
バラ肉
34.5g
手羽先
12.8g
タラ
0.2g

ケタが違い、脂質で考えると圧倒的ヘルシーな食材です。

【結果】太りにくい鍋とは?

食べ合わせにもよりますが、太りにくい鍋BEST3位は

1位)寄せ鍋…圧倒的に脂質が低い
2位)もつ鍋…脂質が低めで、ビタミンB1が豊富なハツやニラでB2の吸収率がUP
3位)キムチ鍋…豚肉とにんにくの相乗効果がGoog!

となります。

太りやすい4位から下であれば比較的に健康的に食べられるとのことだったので、水炊きや豆乳鍋も安心して食べてください。

【やっぱり食べたい!】〆をヘルシーにするには?

鍋と言えば〆が美味しいですよね。むしろ〆を美味しく食べるためにお肉や野菜でお出汁を育てたようなものですよね。

「ダイエットをしているなら〆なんか食べるな!」

そんな声もありそうですが、どうせ食べるなら一番太りにくい〆にしたい!

締めは炭水化物なので糖質が多くて太りやすいイメージですが、実は太りにくい締めもあるんです!

ここで問題です!

下記の3つで一番太りにくい〆はどれでしょう?

・雑炊
・うどん
・らーめん

チッチッチッチッチ…

はい、時間です。

正解は…


……
………

「雑炊」でした。

理由としては、お米は水に入れると膨らむため。です。

糖質としては1食分当たり、

・ご飯(1膳)…55.7g
・うどん(1玉)…51.8g
・中華麺(1玉)…58.4g

と、大体同じような量になりますがご飯はおつゆに入れるとかさが増すため食べるお米の量が減り、結果的に糖質を抑えることが出来ます。

ダイエット中でもどうしても締めを食べたい場合は、雑炊にして糖質を抑えると罪悪感も減り美味しく食べることができます。

【やっぱり食べたい!】太りにくい鍋をヘルシーに食べるには?

とは言え、太りやすいといわれてもすき焼きやしゃぶしゃぶも食べたいですよね。

締めにうどんやらーめんも食べたい!

そんなあなたに朗報です!

「ある食材」を鍋にチョイ足しして煮込むだけで、太りやすいを太りにくいにすることができるんです。

その食材とは、「舞茸(まいたけ)」なんです。

舞茸には、舞茸にしか含まれていない「MXフラクション」という魔法の成分が入っています。

MXフラクションとは?

・血糖値の上昇を抑える
・過剰な脂質を排出する

というダイエットには嬉しい働きのある成分です。

MXフラクションは固い細胞壁の中にあるため生やそのまま食べても体には吸収されにくく効果が発揮されません。

そこで、調理法としては100度ぐらいの温度にじっくり10分以上煮込むことでこの細胞壁が壊れMXフラクションがでてきます。

そのため、鍋に50g入れ10分煮込むことでスープに溶け込みおつゆまでしっかり食べることが最適な調理法となります。

太りにくい鍋にしたい人は早速試してみてください!

まとめ

寒い冬はお鍋が美味しい季節。

ダイエットには野菜も豊富に摂れるしヘルシーだと思ってた鍋ですが、太る鍋と太りにくい鍋があるとは思わなかった人も居たのではないでしょうか?

・カロリーではなく、脂質と糖質が太る原因
・脂質は、牛肉>豚肉>もつ>鶏肉>魚介類の順で多い
・豚肉とにんにくの食べ合わせは相乗効果がありよい!
・締めを食べるなら、雑炊にすれば糖質を抑えることができる
・太りにくい鍋にしたいなら「舞茸」を入れるべし!

と、理解してるとよりお鍋を美味しく食べることが出来ます。

ダイエットには罪悪感は禁物!

どうせ食べるなら、太りにくい鍋を美味しく食べちゃいましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です